朴島に行ってきた!浦戸諸島で一番小さな島にはゆっくり時間が流れていた!

松島湾に浮かぶ浦戸諸島の人が住んでいる島の中で、最も小さいのが朴島です。

一体そこには何があるのか?どんな生活をしているのか?

松島湾に浮かぶ小さな島にとっても興味を持った私は、実際に朴島に行ってきました!

というわけで、今回は浦戸諸島の朴島を紹介します!



朴島とは?

朴島は松島湾に浮かぶ浦戸諸島の中の一つの島です。コンビニはもちろんのこと、民宿も無いですし、自販機なんて物もありません!

本当に何もない島です…。

地図で見ると、小さい島なんですが、ちゃんとそこには人の生活がありました!

船着き場からの風景は、とってものどかです…。

海に浮かんでいるのはカキの養殖棚なんでしょうか。やはり、漁業が盛んなようですね。

朴島を散策

というわけで、散策開始です。

まずは、しばらく船着き場からの風景を眺めます。

浦戸諸島の4つの島の船着き場の中で、最も好きな風景です。海がキラキラしていて、綺麗な景色です。

船着き場の近くには、集落が広がっています。周囲にもちゃんと人の手が入っている形跡があるので、空き家ではなく、ちゃんと人が住んでいます。

本当に静かな場所です。軒先に玉ねぎがぶら下がってますね。

日本の原風景といった感じです♪

集落の真ん中には、集会所がありました。

新しくてとても綺麗な建物です。

集会所の案内図によると、この辺り一帯は市営住宅が並んでいるようですね。

これが市営住宅です。やはり、とても綺麗なおうちです♪

船着き場の近くの集落には、こんな感じの綺麗なおうちもあって、イメージとはかなり違いました。

さらに少し奥に進むと住宅の奥に、鳥居が見えてきました。

やはり、朴島にも神社がありました。ここは神明社という神社のようです。

境内に向かって、林の中の階段を上って行きます。

境内は森の中です。木漏れ日が気持ちイイです。やっぱり、静かです。

ここに来るまでに会ったのは、郵便局の配達員の方一人だけです。島民にはまだ会ってませんw

今度はさらに島の奥に向かいます。この道は民家の裏に隠れていて、分かりにくいです。

ガイドマップだけ見てると、気付きにくいので、ご注意ください。

林の中を通って、少し登っていくと、開けた場所に出ます。

木の間からは海が見えますね。

さらに進むと、島の真ん中には畑がありました。それにしても、誰もいませんw

本当に小さな島なので、あっという間に回れてしまいました。

朴島の散歩はこれくらいにして、寒風沢島に引き返そうと思います(^^)/



朴島のアクセス情報

【朴島のアクセス情報】

住所 宮城県塩竈市浦戸野々島
駐車場(マリンゲート塩釜) あり(有料)
アクセス(水上バス) マリンゲート塩釜」より、塩釜市営汽船に乗り、「朴島」で下船

まとめ

朴島は小さい島なので、すぐに回れてしまいます。

ここだけを散策するとすぐに終わっちゃうので、寒風沢島や野々島も一緒に散歩するのが、おすすめですよ!

のどかで平和な朴島に、ぜひ、皆さんも行ってみてくださいね!