輝龍飯店は懐かしい味の町中華!五目ラーメンのランチセットを食べた!

太白区の長町南にある輝龍飯店は、地域住民に人気のある町中華です。

子供の頃に父に連れられて、様々な町中華の店に行った私には、輝龍飯店のメニューはどれも懐かしく感じるものばかりです!

しかも、お値段も昔から変わってないような、良心的な金額です。

今回は懐かしくもちゃんと美味しい、輝龍飯店を紹介します。



輝龍飯店とは?

輝龍飯店は、長町南の住宅地の中にあります。

長町から富沢の辺りは、最近急激に開発が進んでいる人気エリアです。

そんな中に、“本格的な中華料理店”といった佇まいで、輝龍飯店は存在します。

でも、店内は町中華といった感じの雰囲気です。

招き猫が可愛らしいですねw

個人的には、マンガが置いてあったりするのは、地域住民がよく利用して、しかも長居している証拠だと思っています。

この日も先客で4人掛けの席は、全て埋まっていました。

輝龍飯店のメニュー

輝龍飯店のメニューは、町中華らしくこんなにたくさんあります。

どれも定番のものばかりですよね。

輝龍飯店のメニュー
  • ラーメン・・・550円
  • タンメン・・・700円
  • 五目ラーメン・・・750円
  • チャーシューメン・・・750円
  • たまごチャーハン・・・650円
  • かにチャーハン・・・750円
  • 天津飯・・・750円
  • マーボードーフ・・・900円
  • やきぎょうざ・・・400円など

普段、ちょっと中華が食べたくなった時に、ちょうどいい料理ばかりです。

だから、住宅地の中で、長く愛されてきたんでしょうね(^^)/



五目ラーメンと半チャーハンを食べました

“さて、何を食べようかな?”と考えていると、ランチセットの五目ラーメンを勧められました。

「でも、チャーハンも食べたいんです!」と伝えると、五目ラーメンに半チャーハンを付けられると教えてくださったので、それを注文しました。

五目ラーメンは、いわゆる広東麺のような感じで、野菜と豚肉のあんかけ炒めが乗っていますね。

スープは鶏ガラと野菜の典型的な、醤油味の中華スープです。

期待を裏切らない味です。

麺も中太のちぢれ麺で、これも典型的なものです。

何から何まで、期待通りの懐かしい味です。

あんかけ炒めは、野菜がシャキシャキしていて、エビもプリッとしています。それが、美味しいあんに包まれていて、旨さの塊になっています。

ご飯の上に乗せて食べたいくらいでした。

ゆで卵は、味玉ではない普通のゆで卵です。

でも、これだけうま味の濃い麺には、普通のゆで卵の方がちょうどいいです。

こちらがたまごチャーハンです。

玉子とチャーシューだけのシンプルなものです。

味は薄めで、軽い感じです。味の濃い五目ラーメンには、これがちょうど良いです。

でも、ちゃんとパラパラしてて、チャーハンを食べたという満足感があります。

今回は麺類がメインでしたが、ご飯ものにも魅力的なメニューがたくさんあります。

普段使いの町中華として、飽きないお店ではないかと思います。

ツバメが巣を作ってました

ちなみにこの日、お店に来ると、店の前にこんな紙の箱が置いてありました。

何だろうと上を見上げると、そこにはツバメの巣がありました!

ひな鳥はだいぶ大きく成長しているようなので、もうすぐ巣立ちかもしれませんね。

こんな和やかな感じも、輝龍飯店の魅力の一つかもしれませんね~♪

輝龍飯店のデータ

サイト レビュー件数 評価
食べログ 11 ★★★☆☆(3.24)
Retty 0
Googleマップ 30 ★★★☆☆(3.4)

営業時間・アクセス・駐車場

住所 宮城県仙台市太白区長町南4-21-45
電話番号 022-248-5868
アクセス 仙台市営地下鉄南北線 「長町南駅」 徒歩8分
仙台市営地下鉄南北線 「富沢駅」 徒歩10分
営業時間 11:00~14:30
17:00~20:00
定休日 第一木曜日
第三木曜日
予算 ~1,000円
イートイン
宅配
持ち帰り ×
決済方法
駐車場 あり
公式サイト

まとめ

というわけで、今回は輝龍飯店を紹介しました。

個人的にはこのような町中華のお店は、いつまでも残って欲しいなと思います。

たまに食べたくなる、庶民の中華料理は、誰にでも受け入れられる味だと思います。

皆さんも輝龍飯店に、ぜひ食べに行ってみてくださいね!