ラーメンみなもと屋の濃厚煮干つけ麺を食べた!ボリューム満点で大満足

国道286号線沿いにある「みなもと屋」は、お昼時にもなると行列ができている人気店です。

みなもと屋という名前は知らなくても「286号線沿いで行列ができてるラーメン屋だよ」って言うと、分かる人も多いお店です。

メニューはどれもボリュームがあって、若者に人気のお店です!

というわけで、今回は「ラーメンみなもと屋」を紹介します!



みなもと屋とは?

みなもと屋は、仙台では有名な、麺屋とがしのグループ店です。

お店は国道286号線沿いにあります。よく行列ができているので、お昼時を避けた方がいいかもしれません。

写真ではカウンター席しか移ってませんが、奥にはテーブル席もあります。

お昼時を過ぎてから行ったんですが、席はかなり埋まってました。

お客さんは、全体的に若者が多い印象です。やはり、どのメニューも食べ応えがありますからね♪

つけ麺の場合は量も選べます。くれぐれも食べきれる量を注文しましょうね…。

みなもと屋のメニュー

みなもと屋のメニュー
  • みなもと濃厚煮干つけ麺・・・1,000円
  • 味玉汁なし豚そば・・・980円
  • みなもと煮干中華そば・・・980円
  • 味玉豚そば・・・980円
  • 炙り肉飯・・・380円など

つけ麺や汁なしそばがあり、トッピングも色々です。

券売機の前でどれにしようか迷ってしまいますね。

ここは”おすすめ”と書いてある、みなもと濃厚煮干つけ麺をいただくことにしました。



みなもと濃厚煮干つけ麺を食べました

席について食券を渡すと、麺の量を聞かれました。

並盛(200g)で十分かなと思いつつ、食欲が理性を上回ってしまい大盛(300g)にしてしまいました。

そして、出てきたのがこれです。

やっぱり、凄いボリュームです。

チャーシューも大きくカットされています。味玉も付いていて嬉しいのですが、食べきれるかどうかが心配です…。

スープは豚骨や鶏の動物系のようです。そこに煮干を細かく砕いた粉末がたくさん入っています。そのせいで、つけ汁はドロッとしていて、麺にしっかりと絡みつきます。これが一層ボリュームを感じさせてくれます。

しっかりとつけ汁をまとっているので、麺を口に入れると濃厚なうま味が口の中に広がります。

ちなみに席にはスープ割り用のボトルが置いてあります。食べ終わったら、スープも楽しむことができますよ♪

麺はしっかりとコシがあります。

噛むと弾力があるため、何度もかみしめる必要があります。そのお陰で、見た目の量以上に、食べ応えがあります。

煮豚は分厚くカットされています。噛むと肉汁がジュワッと出てきます。

柔らかくて、ジューシーです。

チャーシューの方は、さっぱりしていて、肉のうま味が詰まっています。

味玉は半熟です。そーっと持たないと潰れてしまいそうです。

噛むと君がトロッと出てきます。

お腹が空いている時には、非常に満足できると思います。

私もこの日は、夕食を抜いても大丈夫なくらいでした。

ちなみに、他のお客さんの中には、いわゆる二郎系メニューである「豚そば」を食べている人も多かったです。

こちらがその豚そばです。凄いボリュームです…。

みなもと屋のデータ

サイト レビュー件数 評価
食べログ 85 ★★★★☆(3.52)
Retty 37 ★★★★☆(74%)
Googleマップ 102 ★★★★☆(4.0)

営業時間・アクセス・駐車場

住所 宮城県仙台市太白区西多賀2-17-5
電話番号 022-796-3234
アクセス 宮城交通バス「新道西多賀中央」徒歩3分
営業時間 月~金 11:00~14:30、17:30~22:00
土日祝 11:00~15:00、17:30~22:00
定休日 年末年始など
予算 ~1,000円
イートイン
宅配 ×
持ち帰り
決済方法 現金
駐車場 あり
公式サイト http://menyatogashi.co.jp/ラーメンみなもと屋/

まとめ

みなもと屋はどのメニューもボリューム満点です。

食べた直後の満足感はもの凄く、”しばらくラーメンは食べなくても良いかな…”という気分にさせてくれます。

しかし、しばらくするとまた食べたくなってしまうんです…。

もちろん、ボリュームだけじゃなく、動物系と魚介系のうま味が詰まったスープも非常に魅力的です。

“ラーメンが食べたい!”と思ったら、ぜひ、みなもと屋に行ってみてくださいね!