中華麺店 思は文化横丁のラーメン屋さん!近くに来ると食べてしまいます!

仙台の一番町にある文化横丁に、中華麺店 思というラーメン屋さんがあります。

シンプルながらも何度も食べたくなってしまう味です。

ランチ時には、サラリーマンを中心に常に満席のお店です。

今回は、そんな中華そば 思を紹介します!



中華そば 思とは?

仙台の横町の一つ、文化横丁にある中華そばを出してくれるお店です。

付近には居酒屋さんが多いので、飲んだ後の締めに非常に食べたくなる危険なラーメンですw

横町の狭い路地にあるお店です。

しかし、お店の戸が開かれているので、風通しが良く、店内は明るいです。

お邪魔したのはお昼でしたが、サラリーマンが多かったです。

お客さん同士の会話から「この前は冷やし中華食べましたよ~」なんて、言葉が聞こえてくるので、常連さんが多いようですね。

中華そば 思のメニュー

思のメニューは醤油味の中華そばが中心です。

ワンタン中華だけが塩味です。

中華そば 思のメニュー
  • 中華・・・700円
  • 肉中華・・・900円
  • メンマ中華・・・800円
  • ワンタン中華(塩味)・・・800円
  • 味噌中華・・・800円
  • 冷やし中華・・・800円
  • 半チャーハン(昼のみ)・・・200円など

味噌や冷やし中華もありますが、トッピングはメンマやチューシュー、ネギなどのシンプルな構成です。

最近は工夫を凝らした贅沢なラーメンが多いので、逆にこの味が非常に馴染みます。

忘れた頃に脳が求める味なんですよね。

常連さんが多いのも、そういった理由かもしれませんね。



ワンタン中華(塩味)を食べました

醤油味の中華そばがメインのお店ですが、その日は無性に塩味のスープが恋しい日でしたw

というわけで、今回はワンタン中華をいただきました。

メンマやチャーシュー、ワンタン、そしてきざみネギが散らされた、シンプルなラーメンです。

スープがどこまでも透き通っています。

スープは透明な黄金色です。

味にも透明感があって、香りとうま味が口の中に広がった後に、スーッと消えていきます。

後味がとても心地いいスープです。

麺は細めのストレート麺です。

クリアな味のスープがよく絡まって、とっても美味しいです。

チャーシューは脂が少なく、臭みも感じません。

食感はホロッとしていて、噛むと肉のうま味がしっかりと出てきます。

ワンタンは皮だけのシンプルなものです。ツルッとした食感で、よくスープを吸っています。

麺とはまた違った美味しさがあります。

ちなみにこちらは醤油味の『中華』です。

チャーシュー、メンマ、海苔というシンプルな中華そばです。

多くの常連さんは、”中華”と一言だけ伝えて700円を渡すだけでした♪

思の看板メニューですね。

中華そば 思のデータ

サイト レビュー件数 評価
食べログ 38 ★★★☆☆(3.47)
Retty 17 ★★★★☆(83%)
Googleマップ 73 ★★★★☆(4.1)

営業時間・アクセス・駐車場

住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-4-18
電話番号
アクセス 仙台市営地下鉄東西線 「青葉通一番町駅」 徒歩2分
仙台市営地下鉄南北線 「広瀬通駅」 徒歩6分
JR仙石線 「あおば通駅」 徒歩7分
営業時間 11:30~15:00 18:00~21:00
定休日 日祝
予算 ~1,000円
イートイン
宅配 ×
持ち帰り ×
決済方法 現金
駐車場 なし
公式サイト

まとめ

最近のラーメンは、贅沢な具材を使った斬新なものが多いですよね。

でも、そういったラーメンは美味しくても、なぜか次も行こうと思わないことが多い気がします。

しかし、思のラーメンはお腹が空いた時に思い出してしまう味です。

文化横丁に行ったら思のラーメンを、ぜひ、食べてみてくださいね(^^)/